より良いデータ処理を通じてよりよい出版社へ

15 Jul 2015 | By Yukiko Koizumi

日々、何十億の読者が最新のニュースを読むために紙媒体、タブレット、スマートフォンまたデスクトップのパソコンにログインして新聞を読んでいます。そこには読者からの需要が存在することは明らかです。パブリッシャーはこのチャンスを活かして効果的にマネタイズできるソリューションを見出しています。コンテンツは全て無料であるべきでしょうか?どんな種類のアドネットワークがパブリッシャーにとって最適でしょうか?マイクロペイメントを利用し続けてこれから先も収益性を上げていけるでしょうか?

パブリッシャーがパーソナライゼーションや、収益化を向上させるためにユーザーの深いインサイト、コンテンツのようなビッグデータをうまく活用しているかを振り返ってみましょう。読者に対して魅了させるコンテンツを提供しコアなファンに成長させその数を増やすことはゴールに値するものです。しかし、そういったファンユーザーから少しでも収益を上げることができれば、今までゼロだったところから全て収益になるのです。貴社のオーディエンスエンゲージメントを向上させ、ブランドやコンテンツのコアなファンであるロイヤルユーザーに変えていく方法を習得してください。

ウィニペグフリープレスはトップページのパーソナライズ化で、どのように読者のエンゲージメントを60%向上させたのか?

いくつかのパブリッシャーはサイトのパーソナライゼーションやコンテンツの自動化を実施してきています。しかし、彼らのオーディエンスの注目するものを収集し、ブランドの満足度を高め、収益を得るためにメディア企業が必要とする個々人に最適なコンテンツを提供することができるそこに技術があります。

詳しく読む

パブリッシャーが収益向上のためにできる2つの方法

現代のインターネット社会の中でデジタルでの収益を上げるための戦略として、2つの簡単なステップについてご参照ください。

詳しく読む

3つの最新トレンドの活用でパブリッシャーの収益化が向上

多くのパブリッシャーが、苦労して得ているオーディエンスデータを3rdパーティーに知らないうちに漏らしてきた事実に、昨年ようやく気付き始めました。今年はパブリッシャーの多くがサイト訪問者の声に耳を傾け、彼らが求めているものが何かを理解して、自分たちのオーディエンスデータを効率良くマネタイズし、3rdパーティーにデータを使わせないようにするという、今までの状況を打破するためのプランを立てています。

詳しく読む