Piano Software社より買収提案のお知らせ

15 Aug 2019 | By Yuko Hisamitsu

シーセンスは米国企業Piano Software社より現金での全株式の買収オファーを受けましたことをお知らせいたします。弊社取締役会では弊社株主の皆様に対しこのオファーの承諾を推奨させていただいており、順調に承諾された際には両社のテクノロジーを組み合わせることにより、パブリッシャーの皆様にはかつてないほどの業界屈指のサービスを提供できるようになり、新たなレベルでのパーソナライゼーションを含めたカスタマージャーニーの構築を行っていただくことが可能となります。

Piano Software社とシーセンスは両社共に未来に向けたクリアなビジョンと最先端のテクノロジーを駆使したサービスを提供しております。この合併により新たな企業における成長に拍車をかけ、世界において300以上のクライアントを持つグローバル企業へと変身を遂げることができます。合併後はサブスクリプション管理、カスタマージャーニーの最適化、パーソナライズニュースレター、コンテンツ・オーディエンス分析、そしてAIの技術を取り入れたデータマネジメントプラットフォーム(DMP)など多岐にわたるプロダクトポートフォリオが誕生し、結果としてパブリッシャーの皆様に必要なソリューションが全て揃う形になります。更に2社の技術の結合により補完製品の生産能力が上がり、地理的にも今までお互いが踏み入れていないエリアをカバーすることができます。そして様々なノウハウを共有することができるのです。

上記のようにグローバルで2社の強みを踏まえ再編される新企業は、パブリッシャー業界にとどまらず、多彩なフィールドで大きなインパクトを与える事になると確信しております。Piano Software社が誇るデジタルビジネスプラットフォームは世界レベルで活躍するメディア企業やデジタルコンテンツ企業のエンゲージメントやロイヤルティ、収益アップに貢献しており、米国をメインとした135のクライアントと素晴らしい顧客リテンションレートを持っています。製品は主にサブスクリプション管理、請求管理、ID管理、メール(ニュースレター)管理となります。そして私たちシーセンスと同様にカスタマージャーニーやサブスクリプションの最適化をサポートしています。また、シーセンスが大切にする「パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンス」についてもこれまで多くのリソースを投資してきました。

今後数週間、私たちは買収完了に向けて話し合いを行う予定です。また、このオファーに対し株主の皆様より90%以上の受諾を得た場合に取引決定となります。このオファーが正式に発表された時点では、5大株主を含む主要株主様の53.6%が受け入れることを表明しており、今後も残りの株主の皆様に対し受諾を頂けるように交渉を進めて参ります。お客様をはじめ関係者の皆様には取引の経過や今後の変更点など、定期的にお知らせをさせていただきます。

世界的に乗り越えるべき多くの課題があるパブリッシャー業界ですが、私たちは更にレベルアップしたサービスを提供し、パブリッシャーの皆様にとって将来性のあるパートナーとしてサポートできるよう尽力して参ります。

今後ともご愛顧の程、よろしくお願いいたします。