過去の分析ツールにお別れを

23 May 2016 | By CXENSE Japan

パブリッシャーが今後も成功を続けていくためには、デジタル収益を向上させるためにオーディエンスデータを使い始めなければなりません。そのため、正しく分析しデータを管理するシステムが鍵となります。

しかしながら、多くのパブリッシャーはツール次第でどれほど有益な分析結果が収益をもたらすか、また市場に出回る多くのツールのどれだけのものが時代遅れなのかに気づいていません。従来のアナリティクスシステムから、より進歩したものが Cxense Insight です。これにより大手ヨーロッパのニュースサイトは最近、トップページにおけるCTR(Click Through Rate)を40-60%増加させました。このように多くのパブリッシャーがCxense Insight を利用することで収益を向上させることができるのです。

「リアルタイム」は本当のリアルタイムを意味するとは限りません

多くのパブリッシャーは、サンプルデータをベースに表示される予測値で提供される従来のツールに慣れてしまっています。そういったツールでは、時にはスマートフォンや急成長しているプラットフォームを考慮していないことがあります。多くのパブリッシャーは、ベンダーが説明の中で「リアルタイム」と語る時、それが「数分、又は数時間の時差がある」ことを許容してしまっているのです。

しかしパブリッシャーは、より良いツールの利用を期待すべきですし、オーディエンスデータを理解したツールから必要な情報を求めながらサイトを運営すべきです。パブリッシャーの最も重要視する点はテクノロジーではなく、かつてないほど早いペースでコンテンツを作成し提供するビジネススタイルに変わってきている点です。しかし最先端のテクノロジーソリューションは、全体的なトラフィックの分析を抽出する域を超えて急速に発達しています。サンプルデータからの推測はもはや意味がなく、ユーザーの行動に基づいたインサイトをリアルタイムに把握できるデータを提供することのできるシステムが、既に出来上がっているのです。真の「インサイトを活用するソリューション」の時代がすでに到来しているのです。

** シーセンスはリアルタイムアナリティクスツールの無料トライアルを開始しました。すぐにはじめてみませんか? **

最新の分析ソリューション

パブリッシャーが最新のアナリティクスツールを選ぶ際に鍵となる特性は何でしょうか?

リアルタイムアクション:リアルタイムでのデータ分析と適合は、ユーザーのとの関連性や、記事の内容との関連性によって最適なコンテンツを提供するというパブリッシャーの目的のために欠かせない要素です。

すべてのデバイスで有効:ユーザーはスマートフォンやデスクトップ等のデバイスで快適に利用し、利用しているプラットフォームが何であれコンテンツエクスペリエンスが上がることを期待しています。真のインサイトソリューションは、スマートフォン用のサイトやスマートフォンアプリ、またタブレットやデスクトップ等、デバイスを横断してユーザーの行動データを収集する必要があります。

PV数やクリック数だけでなく、エンゲージメントとロイヤリティーの測定:サイトの滞在時間、それぞれの記事を読む時間、1ヶ月における再訪数。これらをすべてのデバイスから取得できます。

コンテンツ分析とオーディエンス分析:最先端のツールはサイトのすべてのページを分析し、記事の中身とその中の重要なキーワードを理解するためにすぐれた技術を要します。このことで構造化、非構造化データの両方を分析することができます。

すべてのイベント:すべてのイベントは、サイトの全体像を把握し、典型的でないサンプルデータの範囲を超えるデータを収集する必要があります。

ソーシャルメディア:どのコンテンツがソーシャルメディアから流入してくるユーザーに影響を与えるかを探し出し、その情報を提供します。

パブリッシャーの3つの重要な目標;細かな文脈の理解度、リアルタイム分析、速度:オーディエンスエンゲージメントとロイヤリティー、そして収益を上げるためにはこの3つの目標が非常に重要であることは周知の事実です。この3つの目標の達成の鍵は、詳細な情報をアクション可能なインサイトに変えることです。

ビッグデータは複雑ですが、分析ツールが複雑である必要はありません

パブリッシャーは自分たちが周知している、または過去に頼ってきたアナリティクスソリューションにこだわりたいと思っています。しかし、ビッグデータは複雑なのです。簡単にアクションに変える情報を増やし、課題を解決することは、大きなプロジェクトのように聞こえます。そのため、他の「より緊急な」プロジェクトよって先送りにされることがよくあります。しかし、ほとんどのアナリティクスツールが今日のインターネット社会の中での消費者のニーズに対応しきれていないとは言え、一方でインサイト志向のソリューションはすでに存在しています。 Cxense Insight は、パブリッシャーのビジネスを向上させるために簡単に実装でき、リアルタイムにアクションできるようにデータを細かく分類して即時にアクションを起こすことに特化しています。その領域の背後にはいまだ複雑な過程を多く持ち合わせ、そこには管理すべき多くのデータがありますが、直感的にまた、簡単に使えるインターフェイスを利用することで簡単に利用し、理解できるのです。

ほとんどのパブリッシャーが Cxense Insightに変えて驚くべき経験をしています。「私たちは、アナリティクスシステムからもっと詳細な情報が必要であることに気づいていませんでした。以前利用していたツールではその詳細な情報が得られなかったため、シーセンスのソリューションに変更しました。今、私たちはすぐにアクションを起こすことができ、非常に重要な情報や多くの情報を収集し理解することができます。これらの情報は、シーセンスを利用しなければ得られなかったものです」と、ノルウェーのTV2の編集長であるバード・エスペン・ハンセン氏は語ります。

シーセンスのシステムでは簡単に設定して、利用し始めることができます。データを収集し、カスタマイズ可能なダッシュボードを利用して理解を深めながら始められるため、データサイエンティストのような専門のチームがなくてもすぐに始められます。

リアルタイムに現実のインサイトを利用して、パブリッシャーは自分たちのデータに関わる仕事をスムーズに行うことができます。

2015年3月19日 GXPressに掲載されたものを、一部更新し再掲載したものです。