コンバージョンを増加させるためにDMP(Data Management Platform)でユーザープロファイルを作成しましょう

22 Jun 2017 | By CXENSE Japan

パブリッシャーがWebサイトの来訪者を有料のお客様へ変えたい場合、データを利用してオーディエンスプロファイルを作成する技術を習得する必要があります。

デジタル革命はパブリッシャーに向けて、メディアの世界において特にどうやってお金を稼ぎだすかという役割を再考させることを余儀なくさせました。将来的には、パブリッシャーはWebサイトの来訪者を有料のお客様へ変えるビジネスモデルの組み合わせを採用する必要があるでしょう。

パブリッシャーとして、貴社読者から収入を得るためには3つの主な収入源があります。

1. 有料購読
2. 広告
3. マーケティングプロモーション

貴社がこのどれかの分野で成功したいのであれば、興味、情熱、動機といった貴社サイトへの来訪者が瞬時に欲するものについて深いインサイトが必要です。オンラインでの行動、好み、来訪している内容に関するデータを収集して、ユーザープロファイルを作成する必要があります。

では、オーディエンスとはなんですか?

DMP(Data Management Platform)はユーザーに関する情報を集約するための完璧なツールです。DMPはすべての情報を分析することができ、パーソナライゼーション戦略の基礎として利用できるカスタマーセグメント(オーディエンスと言います)を作成することができます。

オーディエンスは広げることも、対象を絞り込むこともできます。例えば、月に何回か貴社サイトのスポーツのページへ来訪する人を含むオーディエンス。もしくは、シカゴに住んでいる若い家族でスポーツニュースを閲覧する男性読者、といったより具体的な絞り込みも可能です。

貴社読者一人ひとりと関係性を作り上げるには、オーディエンスをしっかりと把握することが重要です。それらはパーソナライズされたコンテンツをレコメンドすることに利用することができます。ブランドと広告主が広告キャンペーンをターゲットするのに最適です。また、マーケティングの提案を実行する際に不可欠です。

パブリッシャーはユーザーに関する膨大なデータを、どうやって実用的なオーディエンスやプロファイルに変えるのでしょうか?

DMPは“タクソノミー”(カテゴリの分類)を利用してユーザーセグメントを作成します

DMPはこのデータを利用して、例えば広告主へ販売できるターゲット可能なオーディエンスを作成します。

収集されたデータを利用して、来訪者それぞれの行動や活動に応じた一人ひとりのプロファイルを作成することがでいます。この1対1のアプローチはコンテンツのレコメンドを促進します。例えば、来訪者一人ひとりへニュース、動画、記事がレコメンドされます。

成果は?貴社サイトが本当に読者の興味をそそると、読者は心地よさを感じてサブスクライブしやすくなります。

DMPはブランドが広告でターゲットできるオーディエンスを特定します

ゴルフファンの読者が貴社サイトへ来訪すると、ページが読み込まれるマイクロ秒という一瞬で、“ゴルフ好きの女性”と既に定義されたオーディエンスの一部であることがわかり、このオーディエンスに属するメンバーが特定のページにいることを市場に伝えることができます。

そのようなオーディエンスとつながりを持ちたいブランド(例えばゴルフ用品の小売業者)は、このゴルフ愛好家が閲覧するWebページにある広告枠を購入するために、リアルタイムで入札することができます。そうすると、ユーザーへは興味に合った広告が表示されるというわけです。

オーディエンスはデータから作られます

全てのデータポイントを分析すると、貴社Webサイトへ来訪している様々なユーザーのグループが明らかになります。 DMPは、これらのデータを全て集めてセグメントやオーディエンスを作成するために不可欠なタスクを実行します。

過去1ヶ月に貴社Webサイトのスポーツページを5回訪れた人々のセグメントをDMPで作成することができます。このデータは他の企業から購入したスキー場のWebサイトへ来訪した人々のデータと照合することができます。

照合したデータから共通点を読み解くと、どの来訪者がスキーニュースに興味を持っているかというようなことを提示してくれます。そうすれば、オーディエンスのあるメンバーに向けてスキーに関する新しい記事をレコメンドし、スキー休暇の広告を表示し、スキーに関するアクティビティの提案をすることができます。

デジタル業界のメディアプロバイダーは、Webサイト来訪者に関する、いつ、どこで、誰が、何を?といった重要な質問に答えられることを意味します。これは、Webユーザーの興味、文脈、アイデンティティに合わせたエクスペリエンスを提案するために非常に貴重な情報です。

この情報を全て網羅したユーザープロファイルを作成することは、パーソナライズされた関係を構築するための大きなステップです。これにより、読者が最も期待している記事、広告、マーケティングプロモーションを提案することができます。

オーディエンスデータがパーソナライゼーションを強化します

このデータを利用して貴社Webサイト来訪者のパーソナライズされたエクスペリエンスを向上させて、オンラインで課金されるエリアを横断してコンバージョン率を向上させることができます。

コンバージョン率が少しでも上がれば、収益の大幅な増加につながります。読者へパーソナライズされたコンテンツ(読者の興味にマッチしたニュース、記事、動画)を提供できるパブリッシャーは、サブスクリプション率を向上させることができます。これは、ボトムラインを大きく押し上げるでしょう。

覚えていただきたいこと:

 ・将来的に、パブリッシャーはWebサイト来訪者を有料顧客へ変えるために様々なビジネスモデルを採用する必要があります。
 ・パブリッシャーは読者のオンライン上での行動、購入履歴、好み、来訪コンテキストなどのデータを収集して、ユーザープロファイルを作成する必要があります。
 ・DMPはデータとインサイトを利用して、例えば広告主に販売できるターゲティング可能なオーディエンスを作成することができます。
 ・デジタル業界のメディアプロバイダーになるということは、いつ、どこで、誰が、何を?といったWebサイト来訪者に関する重要な質問に答えることを意味します。
 ・DMPを利用して、読者の好みにマッチしたパーソナライズされたオンラインエクスペリエンスを提供することができるパブリッシャーは、将来的に勝利を収めることができるでしょう。

DMPを活用して貴社の収益を底上げするためにターゲット可能なオーディエンスを作成する方法をお伝えします。「DMPの強み」をダウンロードしてください。