信頼できるリアルタイムのパーソナライゼーションパートナーとROIを迅速に高めましょう

31 Jul 2017 | By CXENSE Japan

パーソナライズされたeコマースエクスペリエンスを提供することは貴社商品が群を抜いて目立つために欠かせません。お客様は、一人ひとりの興味、意向、好みが反映されたエクスペリエンスを期待しています。

お客様は単にオンラインで商品を買うだけでなく、その周辺すべてに渡るエクスペリエンスを期待しています。今日のeコマース事業者はパブリッシャーとしての役割が増加しています。それは、真にパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを中心に、あらゆる種類のコンテンツ(動画、購買ガイド、ブログ、レビューなど)を駆使して、商品オファーやレコメンデーション以上のことをする必要があります。

eコマースのマーケティング担当者のためのリアルタイムパーソナライゼーション

eコマースのパーソナライゼーションにおける様々な取り組みは、eメールの冒頭やソーダのボトルにお客様の名前を入れたりする程度に過ぎません。ユーザーは、特定の瞬間に自分の気持ちや目的(もしくは両方)に置き換わるエクスペリエンスを提供されることからは程遠く、単にうわべだけの興味やニーズによる安易なパーソナライゼーションを提供されてきました。

効果的なパーソナライゼーションとは、お客様が誰か覚えていること、何を探しているか理解すること、購入の意思決定が何に基づいているかを学ぶといった、お客様に寄り添っていることを意味します。状況にあったニーズ、もしくは欲しいと思った瞬間を満たすために、メッセージングを形成する前に、お客様が1日のどの時間にどのデバイスを利用するのかを知る必要があります。

データを統合し一人ひとりのユーザープロファイルを作成

eコマース事業者は、1stパーティデータをオンラインの行動について収集したデータとリアルタイムで統合させることで、Webサイト来訪者とアプリユーザーをターゲティングしています。

一人ひとりのユーザーの個人的なプロファイルを構築することで、eコマース事業者はお客様の多種多様で複雑な人間の欲望をそれぞれ別々に認識することができます。

最も重要なのは、これらのプロファイルによってeコマースのマーケティング担当者はお客様の気分や興味、買い物リストに合った商品やコンテンツ、プロモーション、広告を、適切なタイミングで適切な場所で提供することができるのです。ベッドサイドテーブルのタブレットでブラウジングしていても、月曜の朝の通勤の時間帯の慰めであっても、提供できます。

カスタマーデータプラットフォームにおけるインサイトの管理

どんなパーソナライゼーションアプローチのスタートでも、特定のユーザーのオンラインジャーニーからすべての関連情報を収集できる効果的なデータレイヤーを作成します。適切なツールがあれば、手元で広範囲な情報を使うことができます。

  • 過去の購買履歴
  • 興味を持っている特定の商品やサービス
  • 場所(ジオデータ)
  • 世帯収入
  • 教育レベル
  • リアルタイムのユーザー行動のインサイト

ついに1対1の関係を達成

データを統合し、デジタルチャネルを通じて一人ひとりのユーザーを特定します。例えば、リアルタイムデータをCRMにある従来のデータと統合することで実現できます。パーソナライゼーションのアルゴリズムは、ユーザーが自動的に発信するシグナルに対応して動作し、真の1対1のエクスペリエンスを提供します。

買い手と売り手の間に1対1の関係を作り出すという、eコマースの長年の約束がついに達成されるのです。