ずば抜けたパーソナライゼーションチームを確立する方法

30 Jun 2017 | By CXENSE Japan

マーケティング担当者は、今やロイヤリティは存在せず、お客様はブランド感を自由に動き回るのを楽しんでいることを認識しています。インターネットは価格を透明化し、マーケティング担当者は差別化のための新しい方法が必要であることもまた認識しています。全てのお客様ごとにユニークなデジタルエクスペリエンスを提供するために、パーソナライゼーションへの取り組みがますます進んでいます。

これまで、マーケティング担当者は、最初は難しかったり高スキルを要するようなものを避けていました。ありがたいことに、シーセンスのような経験豊富なパーソナライゼーションを提供するベンダーによる新しいアプローチや技術によって、作業が簡単に行えるようになりました。

とはいえ、貴社内でパーソナライゼーションを支援するチームは必要です。私たちは何百ものクライアントと協力してパーソナライゼーションプロジェクトを実施してきました。今回は、成功するパーソナライゼーションチームを作るためのヒントをいくつかご紹介します。

#1 組織内のパーソナライゼーションエバンジェリストを選びましょう

これは、恐らくデジタルマーケティングチームの誰かか、より広範囲のマーケティング部門の誰かになるでしょう。この人物は、ビジネスの様々な部門を横断して活動し、パーソナライゼーションの仕組み、仕事のやり方を変える方法、誰もが確実に購入するプロセスの作り方などを説明します。

#2 貴社ベンダーと連携するための機能を横断したチームを作りましょう

営業、オペレーション、マーケティング、ビジネスインテリジェンスやファイナンスなど、ビジネスの様々な分野のエグゼクティブを募集します。このチームはプロジェクトの最初の段階で重要な情報を提供し、各部門がパーソナライゼーションから利益を受ける方法について話し合うために、テクノロジープロバイダーと会います。

#3 各ステップでベンダーと綿密に連携しましょう

パーソナライゼーションのパートナーを社内チームの拡張として付き合いましょう。ユーザーとの接点や目標を理解するために全ての情報を共有することで、協力してWebサイトやモバイルアプリを横断したシームレスなエクスペリエンスを作り上げることができます。

#4 適切なスキルを組み合わせた専任チームを作りましょう

計画が策定されたら、実行する必要があります。データ、コンテンツ作成、分析、収益測定など、成功するために必要な能力を備えたタスクチームをまとめてください。

#5 コンテンツを忘れないでください

パーソナライゼーションを成功裏に促進するためには、豊富な関連コンテンツが必要です。貴社のお客様がいつ、どのような時にコンテンツを閲覧しているかに注目する必要があります。効果的なパーソナライゼーションは必ずしも多くのコンテンツを作成することではないということを覚えておいてください。既にあるコンテンツを使い、それを活用することも効果的です。

 

それでは、パーソナライゼーションを開始するために、素晴らしいチームを用意する準備が整ったら、どうしたらいいでしょうか?

パーソナライゼーションは直帰率を減らし、来訪者のサイト滞在時間を増やし、エンゲージメントを深め、クロスセルや収益化の機会を提供します。パーソナライゼーションで魅力的なオンライン上のカスタマーエクスペリエンスを作成する方法をダウンロードしてください:オーディエンスの獲得、維持、支持の向上に関するステップバイステップガイド(英語)