eコマースのパーソナライゼーションに向けて、マーケティング担当者がDMPを導入する理由

28 Aug 2017 | By CXENSE Japan

パーソナライゼーションはうまく機能すると効果が大きいため、eコマースにおいて最もホットなトレンドの一つです。10人のうち8人近いお客様が、個人的に関連性の高いコンテンツによってブランドの商品やサービスの購入意欲を高めているといいます。

見込み客を惹きつけ、新規及び既存顧客と価値ある繋がりを作るため、たまに訪れるWebサイト来訪者を常に訪れる来訪者へと変え、売り上げを促進し、繰り返し購入を促すからです。

貴社データレイヤーとインサイトが誘導することを忘れないでください

eコマースのマーケティング担当者として、データの地雷源で迷子になっている気がする場合はどうしたらいいでしょうか?

  • お客様が誰であるか、何を欲しているか、いつどこで、どんなデバイスを利用しているか知っていますか?貴社Webサイトを先んじてパーソナライズできていますか?
  • お客様の行動や一人ひとりの商品の好みをトラッキングするために、Webサイトやアプリに適切なテクノロジーを組み込んでいますか?
  • リアルタイムでお客様の行動を確認し、十分なデータを確保できていますか?
  • パーソナライゼーションの現在の取り組みへお客様はどのように反応していますか?
  • 1stパーティデータ、3rdパーティデータ、デバイスを横断したお客様のデータをフル活用できていますか?
  • お客様の様々なデジタルフィンガープリント(指紋)を一つの包括的なプロファイルへ統合して、より関連性の高いエクスペリエンスを提供できますか?

パーソナライズすることはリアルタイムで実行することを意味します

テクノロジー、特にビッグデータに関するイノベーションは、パーソナライゼーションが絶えず進化し、それを受け入れられないブランドは置いていかれてしまうことを意味します。成功するパーソナライゼーションの未来は、お客様について収集できるデータの量に依存しています。さらに、データの品質が重要になります。

リアルタイムで以下を確立するためには、1stパーティデータと3rdパーティデータが統合されている必要があります:

  • お客様は誰で、何に興味を持っているか
  • 以前購入した商品と、似たような人が購入したもの
  • 今、購入しようとしているもの
  • 年齢、性別、場所
  • Webサイトが最も使われる時間帯
  • ブランド情報に接する際に利用しているデバイス

このデータを収集するだけで十分だと考えているのであれば、再考する必要があります。パーソナライゼーションが勢いを増すにつれて、そのアプローチは削減されることはありません。

DMPで実用的なインサイトを理解、分析、作成

見込み客やお客様をサイトへ導いたのは、ソーシャルメディアなどでシェアされたリンクですか?どんな種類のデバイスを利用していますか?このようなデータを分析することで、お客様のエクスペリエンスをパーソナライズするために利用する製品について戦略的な決定を下すことを支援します。

平均的なスマートフォンのコンバージョン率は、デスクトップPCの平均と比較して64%増加するため、適切な領域でパーソナライズすることが欠かせません。

データを活用して作成するお客様のプロファイルが大きいほど、お客様のエクスペリエンスはよりパーソナライズされます。収集されたデータによって、何が効果的で、何が効果的でないかを理解することができます。このような情報によって、サービスを改善して成果を測定し、サイトのパーソナライゼーションを向上することによって、一見さんをロイヤルカスタマーへ変えることができます。

閲覧者を買い物客に、買い物客をロイヤルカスタマーに変えたいですか?プレイブックのご紹介:コンバージョンを最大化するテクニックとは?eコマースでのコンバージョン最適化とパーソナライゼーションは、今後どうなるのでしょうか?