日本最大級のWEB卸売り・仕入れマーケットプレイスNETSEA(ネッシー)がシーセンスを採用

25 May 2016 | by CXENSE Japan
""

―シーセンスソリューションで露出商品数の拡大と自動運用、横断的なデータ活用を通じて、サイトの利便性と収益性向上実現を支援―

シーセンス株式会社(日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長:江川亮一、以下シーセンス)は、株式会社NETSEA(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武永修一、以下NETSEA)が運営する日本最大級のWEB卸売り・仕入れマーケットプレイス「NETSEA(ネッシー)」にシーセンスソリューションが採用されたことをお知らせします。

かねてより、NETSEAでは、ユーザーが欲しい商品をより早く見つけられるようにサイト内検索を改善し、サイト内レコメンドロジックを改修することでユーザーがより興味のある商品を提示できるようにしたいという構想をお持ちでした。これに対して、シーセンスのソリューションはこれらの構想に対して最適な解決方法であり、今後も継続してユーザー体験を改善していくためのPDCAサイクルを回していきやすい点が決め手となり、採用されるに至りました。

これにより、露出商品数の拡大と自動運用、横断的なデータ活用を通じて、サイトの利便性と収益性向上実現を支援する予定です。

シーセンスは、今後もパブリッシャーやeコマースの収益向上、ユーザーエクスペリエンスの改善を支援していきます。

■導入ソリューション:Cxense DMP、Cxense Insight、Cxense Content、Cxense Search

□Cxense DMP(プライベートDMP)

パブリッシャーやeコマース向けにフォーカスしたDMPです。オーディエンスのメディア内での閲覧や検索などのアクションと、メディアの会員情報や商品購入履歴などのCRMデータを統合したプランニングの実施を実現します。

□Cxense Insight(リアルタイム解析サービス)

メディアに訪れたオーディエンスの流入経路やどのようなコンテンツを閲覧しているのかなどの重要な情報をリアルタイムで解析できるサービスです。パソコンやスマートデバイスなどすべての関連するトラフィックとアクションを取り込み、分析を行うことができます。

□Cxense Content(コンテンツレコメンドサービス)

メディアに訪れたオーディエンスに対し、メディア内での閲覧履歴や行動、会員情報などのCRMデータを基に、それぞれのユーザーに適したコンテンツを推奨し、サイトの回遊率を向上させるサービスです。

□Cxense Search(パーソナライズド検索サービス)

アドバンスクエリ言語、検索結果ページのカスタマイズ、ナビゲーションとリコメンデーションなどの機能を備え、ユーザーがより簡単に、より早く、関連のある商材に辿りつくことができる環境を提供します。

以上

■NETSEAについて(netsea.jp

NETSEAは日本最大級のWEB卸売り・仕入れマーケットプレイスです。インターネット上でサプライヤー(メーカー、問屋、卸売会社)とバイヤー(小売店・百貨店・ネットショップ)が商品の売買ができ、年間約60億円の商品が取引されています。バイヤーは160万点以上の商品から商品を選び、仕入れを行うことが可能です。サプライヤーは日本全国約25万社に対して、商品を卸売りすることが可能です。

■シーセンスについて

シーセンスは、ユーザーエクスペリエンスの最適化に関する数々のソリューションを提供する企業で、オスロ証券取引所に上場しています。オーディエンスデータや最新のリアルタイム解析ツールを用いて、高度なコンテンツレコメンデーションやターゲティング広告、予測検索を提供し、パブリッシャーやeコマースに向けてデジタル収益の向上を支援し、ユーザーエクスペリエンスの改善にも貢献しています。

■報道関係お問い合わせ先

シーセンス株式会社 マーケティング担当 小泉
E-MAIL: info-j@cxense.com / TEL:03-4360-5710
(弊社サービス内容に関するお問い合わせはこちら