シーセンスのプライベートDMP「Cxense DMP」とSupershipのDSP「ScaleOut DSP」がサービス連携

03 Aug 2016 | by CXENSE Japan
""

―媒体社が蓄積してきたデータをもとに作成したオーディエンスセグメントを国内最大級のネットワークを活用して拡張し、潜在層を発掘―

シーセンス株式会社(日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長:江川亮一、以下シーセンス)は、Supership株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森岡康一、以下Supership)が提供するDSP「ScaleOut DSP」と、シーセンスのプライベートDMP「Cxense DMP」がサービス連携したことをお知らせします。

今回のサービス連携で、シーセンスで作成したオーディエンスセグメントをScaleOut DSPに連携し、ターゲティング配信することができるようになりました。媒体社が保持する限られた配信面だけでなく、国内最大級のimp数を保持するScaleOut DSPを通じて配信面を拡張し、独自データを用いた精度の高い潜在層へのリーチを実現します。

これにより、各媒体社の属性を活かした新たなターゲティング広告の企画・販売や、自社の見込み会員をサイトへ誘導することも期待できます。

シーセンスは、今後もパブリッシャーやeコマースの収益向上、ユーザーエクスペリエンスの改善を支援していきます。

□ScaleOut DSP
独自データを活用した高精度なターゲティング配信や詳細なレポーティング機能によって、より効果的、効率的な広告運用を可能にする広告主向け配信プラットフォームです。

□Cxense DMP(プライベートDMP)
パブリッシャーやeコマース向けにフォーカスしたDMPです。オーディエンスのメディア内での閲覧や検索などのアクションと、メディアの会員情報や商品購入履歴などのCRMデータを統合したプランニングの実施を実現します。

以上

■Supership株式会社 について(https://supership.jp/
Supershipは、「すべてが相互につながる『よりよい世界』を実現する」という理念のもと、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業等の事業基盤を活かした新たな価値の提供を目指し、2015年11月1日に株式会社スケールアウト、株式会社nanapi、株式会社ビットセラーの3社が合併したKDDIのグループ会社です。今後、スマートフォン最大規模の顧客接点とデータ利活用により、お客さまのご期待に応える新たなサービスを提供していきます。

社名:Supership株式会社
所在地:東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
設立:2007年12月
代表者:代表取締役社長 森岡 康一
事業内容:インターネットサービス事業、広告事業、プラットフォーム事業、その他
主要株主:Syn.ホールディングス株式会社

■シーセンスについて
シーセンスは、ユーザーエクスペリエンスの最適化に関する数々のソリューションを提供する企業で、オスロ証券取引所に上場しています。オーディエンスデータや最新のリアルタイム解析ツールを用いて、高度なコンテンツレコメンデーションやターゲティング広告、予測検索を提供し、パブリッシャーやeコマースに向けてデジタル収益の向上を支援し、ユーザーエクスペリエンスの改善にも貢献しています。

■各種お問い合わせ先
シーセンス株式会社 マーケティング担当 小泉
E-MAIL: info-j@cxense.com / TEL:03-4360-5710
(弊社サービス内容に関するお問い合わせはこちら