匿名ユーザーの理解

貴社の読者を理解して、すべてのデバイス上でのすべての接点で
カスタマイズされたエクスペリエンスを提供しましょう

DMPでパブリッシャーが使いやすいデータへ

読者が欲していることを知るためには、パブリッシャーはDMPを活用して、
購読登録とエンゲージメントを促進させるデータの収集、
セググメント作成、データの活用をしなければなりません。

収集、セグメント化、データ活用

DMP利用すると、Webサイト全体からオーディエンスのアクティビティを収集し、得られたデータを一人一人へ一元化されたビューへまとめることができます。またそのデータをリアルタイムに活用できます。

Cxense DMPについてはこちら 

既知のユーザーデータを活用して、未知のユーザーを理解

DMPはユーザーのデータセットを構造化し、似た傾向を持つ読者のセグメントを作成することができます。一人一人の読者のために各種データセットをつなぎ合わせて読者を特定すれば、このサブセットに基づいて他の読者が何を求めているかを推測することができます。

Cxense DMPについてはこちら

オフラインとオンラインのユーザーデータを統合 

シーセンスタグはページビューのデータを収集するため、すべてのチャネルで一人一人の読者に関する情報を得ることができます。CRMデータのようなオフラインの記録をDMPへ統合して、オンラインユーザーIDと照合することができます。

Cxense DMPについてはこちら

Petteri Vainikka, VP Strategic Business Development, Cxense

“DMPを探しているパブリッシャーは、常にオーディエンスに関するよい情報を求めています。誰もがより多くのオーディエンスデータを望んでおり、オーディエンスについて理解する必要があることを中心にすべてのやり取りが進んでいます”

データで抜きん出たいですか?

そうであれば、一見さんを既知の読者へ変え、
既知の読者をロイヤリティの高い購読者へ変える方法をお伝えします。

適切なコンテンツを、適切なタイミングで、適切な読者へ

DMPなら、様々なビヘイビアル属性を定義できます。DMPを利用して適切なタイミングで、適切なコンテンツを提供する、適切なオーディエンスセグメントを作成することができます。

Cxense DMPについてはこちら 

オーディエンスセグメントを充実

パブリッシャーであれば、2ndパーティデータと3rdパーティデータによって、1stパーティデータを充実させましょう。企業間のデータ交換もセグメントの価値を高めることができるのをご存知でしょうか?

Cxense DMPについてはこちら

貴社オーディエンスを理解して売り上げ創出

実際に、貴社のオーディエンスセグメントを広告主へ販売することもできます。最終的には、広告主はサイトを購入するのではなく、オーディエンスを購入するようになります。コンテンツの関連性とオーディエンスの受け入れ率が高まれば、リターンにつながります。

Cxense DMPについてはこちら

  • “iTromsøは幅広く1stパーティのユーザーデータを収集し、そのデータに基づいて読者とのエンゲージメントを高めることができます”

    Håvard Kvalheim, Head of Big Data, Polaris Media

プレイブックのご案内

プレイブックとは?;お客様の様々な課題を、シーセンスのソリューションを使って、解決の糸口となるヒント及び実践的な解決策を得るための情報をまとめた手順書です。

パブリッシャー業界におけるパーソナライゼーションの将来:パーソナライゼーションはパブリッシャーにとって不可欠なものになっていきます。オーディエンスとのエンゲージメントを増加させることにも役立ちます。

プレイブックを入手

ホームページをブラッシュアップ:パーソナライズされたWebサイトは、サイト閲覧者の滞在時間を30%増やし、一訪問あたりのページビュー数を増加させ、ロイヤリティを向上させます。

プレイブックを入手

DMPの強み:データの管理と活用は、デジタル時代のパブリッシャーが直面している最大の課題の1つです。オーディエンスデータやセグメント化、最適化の潜在能力を活用しましょう。

プレイブックを入手